TOROWA DIARY

ウェルカムボード、イラスト制作の「Atelier TOROWA」(アトリエ トロワ)
about TOROWA
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 6/7 June BRIGHT!!展 | main | 09-06-25 タンクトップ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
グループ展は6/21(日)16時まで

吉開が参加しているグループ展の終了が近づいています。
(詳しくはこちらをご覧下さい)
明日の6/21(日)が最終日で16時までです。
この日は14時からギャラリートークがあります。

作品展も終わってしまいますので、出品した作品の製作過程をご紹介します。
使用画材/キャンバス(116.7cm×90.9cm)、アクリル絵の具

1。描きはじめ。どんな絵にしようかとキャンバス上で模索しています。大きいのでバランスが取りにくい。



2.イメージがまとまらない為、塗りつぶして違う絵に変更する事にしました。キャンバスも横にして使う事に。


3.キャンバス上でのデッサンをやめ、いくつか紙にスケッチを描き、その中から選んで、いざ本番。


4.スケッチからキャンバスにおこし、あとはひたすら描きます。(携帯で撮影している為、人物部分のみの記録になります。)





















40時間程かけて完成。タイトルは『Todokanu Omoi(届かぬ想い)』としました。

描きながらも、常に完成へのイメージがすこしづつ変わっていく感じがこの過程から見てとれます。
時間が足りなくなりつつあったので、焦りもあり大分迷いながら描いていました。
でも、夢中になって描き続けているうちに、こうしようという糸口が自然と見つかります。

最初はスケッチで感じたイメージを大切にしていますが、細かい部分は描きながら決めていくので、「事前の構想」に「描きながら偶発的に生まれてきたもの」をプラスしていつも作っていく感じです。
ですので完成した絵は、自分で描いているのにもかかわらず、ふと気付くと新しい出会いだと感じ、こんなものが生まれて来たんだという驚きと喜びがあります。

また、描いていると、「こうするともっとおもしろいんじゃないか」という新たなイメージも湧いてきて、それが次回の作品に活かされたりします。
| 絵のこと | 18:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 18:08 | - | - |